PROFILE

吉谷 吾郎

東京生まれ。コピーライター、クリエイティブディレクター、編集者、デザイナー。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、2011年に株式会社パラドックス入社。規模や業種を問わず多くの組織の企業理念やスローガンの考案、採用ブランディング、広告プロモーションのコンセプトづくり、クリエイティブの制作に携わる。2023年に独立、会社設立。日本ラグビーフットボール選手会の設立、アスリートのメンタルヘルス啓蒙活動「よわいはつよいプロジェクト」など法人や事業の立ち上げにも参画。「ほぼ日の塾」第1期生。主な受賞歴に、ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ賞奨励賞、流行語大賞2019最終ノミネート、TCC賞(東京コピーライターズクラブ)ファイナリスト、Forbes Japan SPORTS INNOVATION PITCHグランプリ受賞など。著書に『主観思考 思ったこと言ってなにがわるい』(光文社)。


趣味はギターを弾くこと、サーフィンに行くこと、文房具を集めること、こどもと遊ぶこと、ラグビーを観ること。音楽はJ-POPロックが好きで、映画は飛行機に乗ったときくらいしか観ません(『THE FIRST SLAM  DUNK』は映画館で7回観ました)。好きなことは、ファッション。とくに「ゴローズ」やヴィンテージ古着をたくさん蒐集。好きな食べものは「飲みもの」全般。とくに、コーヒー(深煎り系)、ビール(サッポロ系)、ハイボール(ピートの香るスコッチ系)と日本茶(深蒸し掛川茶)。現在は、湘南・鵠沼に在住。


経歴

2011

早稲田大学政治経済学部政治学科 卒業

株式会社パラドックス 入社

2014

早稲田大学高等学院ラグビー部 ヘッドコーチ就任(〜2017年)

2016

日本ラグビーフットボール選手会 設立事務局 就任

「ほぼ日の塾」第1期生 卒業

2019

OFF THE FIELD 共同主宰

ヤマハ発動機スポーツ振興財団 スポーツチャレンジ賞奨励賞 受賞

流行語大賞2019 最終ノミネート

経済産業省 日本BtoB広告賞受賞

2020

一般社団法人アポロプロジェクト 理事就任

2021

「よわいはつよいプロジェクト」設立

TCC賞(東京コピーライターズクラブ)ファイナリスト選出

厚生労働省「心のサポーター養成事業」外部評価委員就任

2022

Forbes Japan SPORTS INNOVATION PITCHグランプリ受賞

2023著書『主観思考 思ったこと言ってなにがわるい』(光文社)出版

講演/登壇

  • トヨタ財団
  • Forbes JAPAN
  • メルボルン日本学校
  • ジョンソンエンドジョンソン
  • きらぼし銀行
  • 東久留米市
  • 早稲田大学高等学院
  • 桐生第一高校
  • ウエスタンデジタル
  • ステランティスジャパン
  • スポーツコーチングジャパン

(*敬称略)


メディア出演/掲載

『news zero』(2024年3月14日 出演)
J-WAVE MORNING TOKYO RADIO(2024年2月22日 出演)
『Forbes JAPAN』(2023年1月 発行)
『朝日新聞』 連載「ひと」(2019年10月2日 掲載)
『Number』906号「スポーツ仕事人(2016年7月27日 発行)
『早稲田ウィークリー』特集 
『ほぼ日刊イトイ新聞』
『TBSラジオ サンドイッチマンのWe Love Rugby』(2018年)